当ユニットで直せないもの

設定に無関係な問題

PCE 映像領域としての左右端の色が異なる

ゲーム画面領域は問題ありません.

起動するものの途中で止まる

BGM を選択するとゲームが開始せずに停まります. 確認した機種19個のうち2個でまれに発生し、頻度は低いものと思われます. これは本体の個別の状態で起きることは判明していますが、詳細は不明です. (おそらくPCEのソフトウェアとしてなにかのレジスタを初期化し忘れているものだと思われます)

暫定的な対処は何度か電源を入れ直すか、通信ソフト経由でリセットしなおすと多くの場合はゲームが開始します.

VSync Frequency Original Mode 特有の問題

設定画面で画素横縦比を替えると VSync 周波数まで変わるもの

設定変更直後が画面が一旦見えなくなります.

RUN+SELECTでリセットをすると再初期化を行なうもの

初期化直後の画面が一旦見えなくなります. 初期化時に該当レジスタに2度別の値を書くと発生します.

ゲームの途中で特定のシーンに入るとVSync 周波数が変わるもの

シーンの切替えで画面が一旦見えなくなります. リセット後の VSync 周波数が異なる場合はリセット後にも画面が一旦見えなくなります.

初期化をしていないため特殊の扱い

このソフトは VCE レジスタを初期化していません. 本物の HuCard を使う場合は VSync 周波数はおそらく 60.02 Hz で動作していると予想されます(初期化してないのでどうなのかわからない). ROM image としてこのソフトを使う場合は内部処理の都合上他のソフトへの影響を避けるため 59.83 Hz 固定で動作します.

Virtual CD drive speed を Fast にすると動作がおかしくなるもの

注意: CDソフト側でとるべき同期をとらずに精度の高いタイミングを要求するものは本物の実機であってもメンテナンス状態においては同様の不具合が発生することを確認しています. うーぱーぐらふぃくすでは忠実な動作を優先しつつ実機では正常とされるメンテナンスの範囲で無難に見えるように調整はしてあります.

うーぱーぐらふぃくすではこのような問題にデータベースを利用してソフトを特定し、暗黙的にパッチをあてて回避することはいたしておりません. (一部のエミュレータでは多用されています)

セーブデータの扱いで混乱をしやすいもの

ファイプロ女子全女VSJWP

このソフトはメモリベース128(互換品を含む,以下 MB)を接続していると、セーブデータは MB を優先して利用します. しかし、MB を利用している案内はゲーム画面では一切でません.

MB を利用する際は、CD-ROM2 システム内蔵のバックアップメモリ(バックアップRAM)への操作をしませんので、うーぱーぐらふぃくす内蔵のバックアップ用の FeRAM や MMC へのセーブも同様に操作をしません.

この仕様は該当ソフトのマニュアルの11ページにはその記述がわずかにあります. MB のことを外部記憶装置と書かれており混乱の原因になっています.


Last-modified: 2020年10月17日14時57分